最終更新日:2017/11/28
 

関西医療情報技師会は、主として関西を基盤に活動する医療情報技師が自発的に集い、医療情報技師が今後の医療情報に貢献していくことを目指しています。医療情報技師の間で医療情報の事例等の情報交換を行ってノウハウを共有し、定期的に特定テーマのもとで勉強会を行い、医療情報技師としてのスキルの向上を図っています。また、医療情報技師の認知度を高める活動を行っています。

Copyright(C) 2009-2017 by Kansai Association of Healthcare Information Technologist. All rights reserved.

 

お知らせ

    
 テーマ みんなで考えよう!医療情報システムのセキュリティ
開催日時 2015年5月30日(土) 14:00~17:00
会場 神戸市立医療センター中央市民病院 1階講堂
 神戸市中央区港島南町2-1-1
 アクセス方法はこちら
 医療情報技師
更新ポイント
 3ポイント 
 参加費 会員 500円 非会員 1,000円
 定員 80名
 懇親会 会場:とりひめ 三宮店
 会費:4,000円
 時間:18:00~20:00
 定員:30名
 後援 日本医療情報学会関西支部
 関西医療情報処理懇親会(KMI)
 兵庫医療情報研究会
 参加登録 会員の方はこちらからご登録ください。

 今回は、関西医療情報技師会として初めてスモールグループディスカッション形式の勉強会を
開催します。
 個人情報の紛失は毎日のように報道されていますし、委託業者による顧客情報の不正な持ち出し、
売却といった事件も他業種では起こっています。医療は患者さんの機微な情報を取り扱いますし、
研究等のため二次利用も行われており、より高度なセキュリティリテラシが求められています。
 医療情報技師として医療に携わるすべてのスタッフに対してどのようなアプローチができるか
みなさんの活発な議論を期待しております。ぜひご参加お願いします。




勉強会は会場に入れる人数の関係もあり、事前登録制になります。

勉強会終了後、三宮で懇親会を行います。(参加費 4,000円予定) 
懇親会参加希望の方は、懇親会費を参加費と同時に徴収させていただきます。


申し込みをされた方で参加できなくなった場合、他の方のためにも、キャンセル処理を
各自で行っていただきますようお願いいたします。




勉強会当日は、登録終了後にこちらから送付したメールを印刷して持ってきて
いただきますようお願いいたします。(それが受付票になります) 
また、登録後にメールを受け取っていない場合は、
kansai_office@jhit.jp
までお問い合わせください。

 

総括

 今回は初めての形式の勉強会だったこともあり、世話人もどうなるか不安なところもありましたが、結果的には大成功となりました。

 参加者を8~9名の7班に分けて、4班は「利用者のセキュリティ教育」について、3班は「診療情報の持ち出し」についてをテーマとし、各班でディスカッションを行いました。

 終了後のアンケート(n=25)では、全員が「よかった」旨の回答をしていただいています。また、ディスカッションを通して知り合いを増やすことができ、さらに、ベンダー・病院間の垣根を取り払い、同じ医療情報技師としてのディスカッションを行うことができたとの意見もいただいています。

 今後、定期的にグループディスカッション形式の勉強会も計画していこうと考えています。多くの方々にご参加いただき、医療情報技師のレベルアップおよび連携の強化を行うことができれば幸いです。よろしくお願いいたします。

 

担当世話人

  • 池田 和之 : 奈良県立医科大学附属病院
  • 大塚 博幸 : 神戸市立医療センター中央市民病院
  • 小谷 裕輔 : 富士通システムズ・ウエスト
  • 真鍋 史朗 : 株式会社エムケイエス / 大阪大学
 

第21回勉強会参加登録(非会員用)

現在、登録業務を停止しています。

第21回勉強会キャンセル登録(非会員用)

現在、登録業務を停止しています。