最終更新日:2021/08/18
 

関西医療情報技師会は、主として関西を基盤に活動する医療情報技師が自発的に集い、医療情報技師が今後の医療情報に貢献していくことを目指しています。医療情報技師の間で医療情報の事例等の情報交換を行ってノウハウを共有し、定期的に特定テーマのもとで勉強会を行い、医療情報技師としてのスキルの向上を図っています。また、医療情報技師の認知度を高める活動を行っています。

Copyright(C) 2009-2021 by Kansai Association of Healthcare Information Technologist. All rights reserved.

 

オンライン状況

オンラインユーザー8人
ログインユーザー0人
登録ユーザー683人

カウンタ

496338

第39回 勉強会概要

テーマ

 ウェアラブルデバイスの課題と可能性

開催日時

 2021年9月11日(土)13時00分~16時00分

会 場

 Cisco WebEX Eventsを使った Webinar として開催

医療情報技師
認定ポイント
 4ポイント
 ※ 参加時間が全体の70%以上でないとポイントは付与されません。
参加費 無料
定員 800 名
主催・共催 日本医療情報学会関西支部 
 関西医療情報処理懇談会(KMI)  
 関西医療情報技師会 (敬称略・順不同)
参加申し込み  JAMI関西支部参加申込ページ(こちらから)よりお申し込みください


 

内容

 昨今スマートウォッチに代表されるウェアラブルデバイスが普及しつつあり、個人が日々のバイタル情報を健康管理に利用し、ウェアラブルデバイスは身近なものになりつつあります。そういったウェアラブルデバイスから得られるバイタル情報を医療に活かすための研究が進んでいる一方で、法的な規制の問題や有用性を実証していくところに課題があると考えられます。
 本講演会では、法規制・保険適応の観点からの講演、ウェアラブルデバイスを利用した研究事例の講演を通して、実臨床での課題やその可能性について議論できる会にします。多数の皆様のご参加をお待ちしております。




プログラム

講演1 鈴木孝司(医療機器センター)
   「医療機器のDxと法規制・保険適用の考え方」
講演2 小西正三(大阪大学医学部附属病院 医療情報部・循環器内科)
   「ウェアラブルデバイスを用いた、心不全見守りへの取組み」
講演3 坂野紀子(岡山大学 心臓血管外科)
   「市民マラソンランナーの走行時持続心電図モニタリング」
講演4 藤原幸一(名古屋大学大大学院 工学研究科)
   「心拍変動解析と機械学習の融合によるてんかん発作予知AI」
総合討論

 

担当世話人

  • 魚澤 正克(JCHO星ヶ丘医療センター)
  • 佐々木 啓充(市立豊中病院)
  • 真鍋 史朗(大阪大学)