最終更新日:2016/9/24
 

関西医療情報技師会は、主として関西を基盤に活動する医療情報技師が自発的に集い、医療情報技師が今後の医療情報に貢献していくことを目指しています。医療情報技師の間で医療情報の事例等の情報交換を行ってノウハウを共有し、定期的に特定テーマのもとで勉強会を行い、医療情報技師としてのスキルの向上を図っています。また、医療情報技師の認知度を高める活動を行っています。

Copyright(C) 2009-2016 by Kansai Association of Healthcare Information Technologist. All rights reserved.

 

第16回勉強会 概要

 テーマ

データベースの基礎と活用

開催日時 2013年10月26日(土) 13:30~16:30 受付13:10〜
会場

葺合文化センター
http://www.kobe-bunka.jp/facilities/fukiai

 医療情報技師
更新ポイント
 3ポイント
 参加費会員 1,000円 非会員 2,000円
 定員 135 名
 懇親会 三ノ宮高架下市場 会費 5,000円(予定)
 後援日本医療情報学会 関西支部
関西医療情報処理懇談会(KMI)
兵庫医療情報研究会
関東医療情報技師会
J-SUMMITS 日本ユーザーメード医療 IT研究会
中部医療情報技師会設立準備会

 医療機関では電子カルテを始め、多くの情報が電子化されデータベースに保存されてています。これら情報を二次的に利用し業務に役立てるにはデータベースの知識が不可欠といえます。今回は3つのデータベース(RDB、Cache、FM)について、其々の基本的な考え方、特徴等々を講演頂きます。


 勉強会当日は、登録終了後にこちらから送付したメールを印刷して持ってきていただきますようお願いいたします。(それが受付票になります) また、登録後にメールを受け取っていない場合は、kansai_office@jhit.jp までお問い合わせください。
 

第16回勉強会プログラム

1.リレーショナルデータベースの基本を理解するために

   講師:八島 晶/オラクルテクノロジー製品事業統括本部 公共ソリューション部

2.もう一つの選択肢、互換性は?特色は? キャシエ

   講師: 佐藤 比呂志/インターシステムズジャパン株式会社ビジネスデベロップメント


3.ユーザーメードDBの可能性 ファイルメーカー

   講師:日比野 暢ファイルメーカー株式会社法人営業部

 

担当世話人

  • 西 貴士         
  • 櫃石 秀信:加古川東市民病院         
  • 大塚 博幸:先端医療センター         
  • 森重 雄司:東宝塚さとう病院
  • 森 夏樹
  •  
 

お知らせ

この登録フォームは一般(非会員:参加費2,000円)専用です。
技師会 会員の方は別に案内するページからの登録をお願いします。
 

第16回勉強会 キャンセル

現在、登録業務を停止しています。

第16回勉強会 一般(非会員)用 参加登録フォーム

現在、登録業務を停止しています。

第16回勉強会 一般(非会員)キャンセル待ち

現在、登録業務を停止しています。