最終更新日:2018/05/22
 

関西医療情報技師会は、主として関西を基盤に活動する医療情報技師が自発的に集い、医療情報技師が今後の医療情報に貢献していくことを目指しています。医療情報技師の間で医療情報の事例等の情報交換を行ってノウハウを共有し、定期的に特定テーマのもとで勉強会を行い、医療情報技師としてのスキルの向上を図っています。また、医療情報技師の認知度を高める活動を行っています。

Copyright(C) 2009-2019 by Kansai Association of Healthcare Information Technologist. All rights reserved.

 

第27回勉強会概要

テーマ 医療情報関係者が知っておくべき改正個人情報保護法について
開催日時 2017年 5月 20日(土) 14時00分~17時30分
会場 キャンパスプラザ京都 第 1講義室
医療情報技師
更新ポイント
 4ポイント
MISCA補認定
更新ポイント
 2ポイント
参加費 無料
定員 250名
 日本医療情報学会関西支部
後援
 関西医療情報懇談会(KMI) 
懇親会 店名: 京都 個室居酒屋 若の台所 京都駅前店
 場所: JR京都駅中央口 徒歩2分
 電話: 075-342-1531
 時刻: 18:00開始
 会費: 4,000円 
 URL: https://r.gnavi.co.jp/ka7c341/


 

内容


 2017年5月30日に改正個人情報保護法が施行されます。今までの個人情報保護法から、新たに個人識別符号や要配慮個人情報などの新しい用語が追加され、個人情報自体の定義も変わります。

 今回の講演会では、個人情報保護法の概念について基礎的なところから説明していただき、改正個人情報保護法の概要や医療機関での対応についてのお話の後、医療情報の利活用に関して重要なキーとなる代理機関について解説を行っていただきます。

 今回の講演会は、日本医療情報学会関西支部と関西医療情報技師会の合同による開催となります。事前申し込みは関西医療情報技師会で行います。申し込みの際に質問を受け付けます。当日、その中からいくつか質問を講師の先生方にお聞きする予定です。

 当日は 251名の方々に来場いただきました。大勢のご参加ありがとうございました。



【プログラム】

 1.藤田卓仙(名古屋大学 大学院経済学研究科)
  「個人情報保護法の基礎」
 2.米村滋人(東京大学 大学院法学政治学研究科)
  「改正個人情報保護法の概要と医療機関における対応」
 3.山本隆一(医療情報システム開発センター)
  「代理機関について」
 4.全体質疑
 

第27回勉強会参加登録

勉強会参加登録は、各項目入力後、確認画面になります。
確認画面で、「決定」ボタンをクリックしないと、登録されませんのでご注意ください。
登録が完了すると、登録完了に関するメールが届きます。1日経ってもメールが届かない場合は、関西医療情報技師会事務局(kansai_office@jhit.jp)へお問い合わせください。
なお、ご記入いただいた個人情報は、勉強会参加への確認・医療情報技師育成部会へのポイント申請のために利用します。

定員になりましたので受付を終了していますが、何名かキャンセルがありましたので 5月15日(12時を予定)よりキャンセル分の追加受付を行います。


 
制限数に達したため受付けを終了しました。

第27回勉強会参加キャンセル登録

非常に多くの参加登録が行われています。他の方のために、参加できなくなった場合はキャンセルの登録をお願いいたします。
このキャンセル登録は、すでに参加登録済みの方が参加できなくなってキャンセルを行う際に登録するものです。参加登録されていない方は入力しないようにしてください!

 
期限が過ぎたため受付けを終了しました。

担当世話人

  • 植田 裕士(京都山城総合医療センター)
  • 大本 昭徳(NECソリューションイノベータ株式会社)
  • 高井 康平(日本アイ・ビー・エム株式会社)
  • 星 雅丈 (成美大学)
  • 真鍋 史朗(大阪大学)